和装が人気の時代

なぜ今和装の結婚式が多くなっているのか、現代は何もかもが洋風となっているので、結婚式について「だけ」和装に還っているというのが不思議です。日常生活でも着物を着用する事がなくなっている現代です。それなのになぜ和装の結婚式が好まれるようになっているのでしょうか。

伝統的なお式をしたい、結婚式は一生に一度の事だから厳かに行いたいという願いがあるという事と、近年、タレントさんも和装の結婚式を選ぶ方が多くなったという点があるでしょう。派手な結婚式ではなく、身内だけの厳かなお式をしたい、という願いを持って、和装のお式を選ぶタレントさん、セレブも多くなっているのです。

また祖父母、両親に白むく姿を見せてあげたいというお嫁さんの気持ちもあります。それに実はタキシードよりもずっと、日本人男性は羽織袴が似あうのです。紋付がよく似合うという事もあり、和装を選択するという事もあるかと感じます。

披露宴のお色直しで和装を取り入れると、ゲストの皆さんもはっとされます。これまでのドレスの美しさをまた違う美しさがあるからです。特にご年配の方は白無垢、色打掛などが見たいとおもっていますので、出来る事なら、和装も披露宴の衣装に考慮しましょう。結婚式、披露宴はカップルが日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて行うものです。ゲストの皆さんが喜んでくれるように、ということも考えなくてはなりません。

チャペルがある結婚式場

結婚式場によっては神前式ができる神主さんが来ていただけるお部屋を用意していたり、チャペルが結婚式場に隣接しているなど、お式を共にできるという結婚式場が多くなっています。以前は、神社、教会などで結婚式を行ってから、結婚式場に移動し、それから披露宴という形が多かったのですが、最近は、結婚式場で何もかも済ませる事が出来るというところが多くなっています。

多くはチャペルを隣接しており、教会式の結婚式ができるようになっていますが、神前式の結婚式もできるように、両方の要素のあるお部屋を準備していることもあります。

教会で行うスタイルのお式、つまりチャペルスタイルのお式は、神父様のお話が合ったり、誓いの儀式があったり、中にはゴスペルの素晴らしい歌声を聴くことができる式場もあります。

お父様と一緒にヴァージンロードを歩きたいという願いを思っているお嫁さんも多く、赤いじゅうたんの上をお父様と歩くという感動は、何物にも代えがたいものとなるでしょう。またお父様からすれば、ヴァージンロードを歩き新郎に大切な娘を渡すという儀式です。感慨もひとしおでしょう。
こちらの京都の結婚式場のように、チャペルでありながら和装でのウェディングを上げられる場所もあるので、洋式の会場だからと和装をあきらめるのではなく問い合わせてみるのもいいでしょう。

どのようなスタイルにするかは、カップルによって決めることですが、いずれも感動的で心の中にしっかり残るお式になるでしょう。

和装の結婚式

結婚式をされる方としても、洋装にするか和装にするかどうするか、かなり悩まれると思いますが、挙式スタイルは新郎新婦二人が納得できるお式にすることが一番なので、しっかり話し合って下さい。

和装にするというカップルが多くなっていますが、和装のお式というのはどのようなお式になるのか、というと、とても厳かなイメージで、厳粛な雰囲気なので、ご両親、親類の方も納得のお式になるでしょう。特に祖父母世代にとって、結婚式らしい結婚式というとこのようなお式です。祖父母世代からすれば、こうしたお式をしてくれる事に感動してくれるでしょう。

神社などで行う神前式の挙式では、神社によって雅楽の生の演奏があり、三々九度を行い、日本で古来より行われてきた伝統的な結婚式です。ご両親もこうした正統なお式を喜ばれるでしょう。

教会のお式でもヴァージンロードを歩く際、お父様がエスコートするシーンが感動的ですし、その他にも紅差しの儀などの儀式があります。感動的なお式を・・という場合、和装でも洋装でもそういった場面がありますのでいずれがいいといえませんが、日本の伝統的なお式を、という事なら、神社で行う荘厳な雰囲気の、印象に深く残るお式となります。

結婚式場も様々

結婚式というのは一生に一度の事なので、納得がいくお式にしたいと結婚される誰もが思っていでしょう。女性は特に結婚式への憧れが強く、ウエディングドレス、白無垢などどのような衣装にしようかかなり迷われると思いますし、どの式場で結婚式をするか?という事も悩むことでしょう。

現代、和装のお式もかなり多くなっているという事をご存知でしょうか。以前はチャペルで挙式して、ウエディングドレスで披露宴というパターンが多かったように感じます。しかし今は、荘厳なイメージのある神社で、厳かさを強く感じるお式をしたいという女性が多くなっているのです。

ウエディングドレスも一生に一度しか切る事が出来ませんが、同じような色の違うドレスならパーティーなどで着用できます。しかし白無垢、文金高島田となれば?女優さんでもない限り、一生袖を通すことがないでしょう。

一生に一回のお式、この時を逃したら着用できないかもしれない白無垢、文金高島田などを着用し、親御さんを喜ばせてあげたいと思う女性も多いのです。

もし和装となると、結婚式場についても和装のイメージがある結婚式場がいいと思いますが、ほとんどの結婚式場が洋風のイメージを持っている結婚式場です。ホテルのお式では、和式のお式が可能な広いお座敷がありますが、お座敷では高齢の方なども疲れてしまうので、洋風でも和風でもいずれのお式でも可能な結婚式場を求める方が多いようです。

国内にはこうした和、洋のイメージいずれにも出来る結婚式場があります。当サイトは和洋いずれの結婚式もできる結婚式場についておしらせします。当サイトがこれから結婚される方のお力になれたら幸いです。