チャペルがある結婚式場

結婚式場によっては神前式ができる神主さんが来ていただけるお部屋を用意していたり、チャペルが結婚式場に隣接しているなど、お式を共にできるという結婚式場が多くなっています。以前は、神社、教会などで結婚式を行ってから、結婚式場に移動し、それから披露宴という形が多かったのですが、最近は、結婚式場で何もかも済ませる事が出来るというところが多くなっています。

多くはチャペルを隣接しており、教会式の結婚式ができるようになっていますが、神前式の結婚式もできるように、両方の要素のあるお部屋を準備していることもあります。

教会で行うスタイルのお式、つまりチャペルスタイルのお式は、神父様のお話が合ったり、誓いの儀式があったり、中にはゴスペルの素晴らしい歌声を聴くことができる式場もあります。

お父様と一緒にヴァージンロードを歩きたいという願いを思っているお嫁さんも多く、赤いじゅうたんの上をお父様と歩くという感動は、何物にも代えがたいものとなるでしょう。またお父様からすれば、ヴァージンロードを歩き新郎に大切な娘を渡すという儀式です。感慨もひとしおでしょう。
こちらの京都の結婚式場のように、チャペルでありながら和装でのウェディングを上げられる場所もあるので、洋式の会場だからと和装をあきらめるのではなく問い合わせてみるのもいいでしょう。

どのようなスタイルにするかは、カップルによって決めることですが、いずれも感動的で心の中にしっかり残るお式になるでしょう。