和装が人気の時代

なぜ今和装の結婚式が多くなっているのか、現代は何もかもが洋風となっているので、結婚式について「だけ」和装に還っているというのが不思議です。日常生活でも着物を着用する事がなくなっている現代です。それなのになぜ和装の結婚式が好まれるようになっているのでしょうか。

伝統的なお式をしたい、結婚式は一生に一度の事だから厳かに行いたいという願いがあるという事と、近年、タレントさんも和装の結婚式を選ぶ方が多くなったという点があるでしょう。派手な結婚式ではなく、身内だけの厳かなお式をしたい、という願いを持って、和装のお式を選ぶタレントさん、セレブも多くなっているのです。

また祖父母、両親に白むく姿を見せてあげたいというお嫁さんの気持ちもあります。それに実はタキシードよりもずっと、日本人男性は羽織袴が似あうのです。紋付がよく似合うという事もあり、和装を選択するという事もあるかと感じます。

披露宴のお色直しで和装を取り入れると、ゲストの皆さんもはっとされます。これまでのドレスの美しさをまた違う美しさがあるからです。特にご年配の方は白無垢、色打掛などが見たいとおもっていますので、出来る事なら、和装も披露宴の衣装に考慮しましょう。結婚式、披露宴はカップルが日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて行うものです。ゲストの皆さんが喜んでくれるように、ということも考えなくてはなりません。